ファッション関連の仕事と一口に言ってもさまざま

ファッションの分野と一口に言ってもさまざまな仕事があります。職種によって必要な能力も違うよう。
学生のときに私がアルバイトしていたセレクトショップでの洋服の販売は、「販売員」とか「店長」とかのジャンルに属します。

 

他にどんな仕事があるのか、カンタンにまとめておこうと思います。

  • 販売員
  • 洋服を店頭で販売する接客の仕事。お客様に直接触れる機会が多いので、誰とでも仲良くなれる人にむいている。また、店頭での商品ディスプレイやマーケティングも手掛けるので、ファッションに関する知識や色彩に関する能力も必要。未経験でも、始められる仕事ではある。

  • 店長
  • お店のトップ。経営全般に携わる。販売員を長く経験して昇格することが多い。

  • デザイナー
  • 洋服のデザインを学ぶ専門学校や大学を出た人がなれる。ファッション業界の花形の仕事の一つ。レディース、メンズだけでなく、子供服やニット、生活雑貨などのデザイナーがいる。

  • パタンナー
  • デザイナーのデザインを型紙に起こす仕事で、ファッションの世界では欠かせない存在。デザイナーの意図をくみ取りつつ着心地や布の使い方などを含めて考えてパターンを起こしていく。これも、洋服のパターンに関する専門的な勉強をしてきた人がなれる仕事。

  • マーチャンダイザー
  • ファッションの市場の動向を見極め、商品開発に携わり、売れ筋、流行を創り出すお仕事。ファッションセンスだけでなく、マーケットの動きを見極めて、売上の予測を立てるなど、ファッション関連の幅広い知識と感性が必要な専門職。

  • プレス
  • 自社のブランドの広報を担当する。展示会やショーの企画、雑誌の対応、商品の貸し出し、写真の提供などブランドイメージをアップするためのあらゆる仕事をこなす。限られた宣伝予算の中でどれだけの成果をあげられるかはプレスにかかっている。

  • ECショップ担当
  • インターネットの普及に伴い、無視できないのがネットショップでの販売。ECショップ担当は、主にネットショップを作成し販売業務に携わる。わかりやすいショップ構成や、流行に対する戦略などをショップを通して行う。