新卒では自動車関連企業へ就職

東京の短期大学を卒業し、地元の自動車関連企業にめでたく就職。技術部内の企画部で働き始めました。
短大の専攻は、生活文化で主には「衣」「食」「住」について、さまざまな角度から学ぶ、というもの。就職した会社とジャンルは全く違います。特に好きだったのは、「衣」の分野。自分でデザインした洋服を作る、デザイナーのようなことをやったり、それを販売したりという学びです。

 

アルバイトは、近くのビルの中にある洋服のセレクトショップでした。バイト代はそれほど多くなかったけど、本当に楽しかったんですよ。

 

だから、ファッション関連の企業も考えました。だけど、やはり両親との「短大を卒業したら地元に帰って就職すること!」という約束にはさからえず。地元にはファッション関連の企業が見つからなかったんです。

 

就職して3年ほどたったある日、短大時代の友達と会う機会があり、短大のころの思い出話で盛り上がりまして。その時ふと「わたしは、短大時代好きだったことを生かして、今生きているのかな?」と疑問がわいてしまったんです。

ファッションの企業に転職したい…

いちばんやりたかったのは何だったか、良く考えてみたんです。そういえば、あのころ一番好きだったのは、洋服を作ること。アルバイトも、洋服の販売をやっていて、好きなデザインの洋服に囲まれて楽しかったのを思い出しました。
やっぱり、ファッションの仕事に転職したい。今の仕事の人間関係、給料にも不満はなかったし、親も安心してくれてるからいいと思ってたけど、まだやり残したことがあるような気がする。

 

そこで両親に相談しました。初めはもちろん、すごく反対されました。せっかく大手の自動車企業に就職できたのに、この安定した仕事を辞めて、新しいところに転職するなんて!それも、ファッション関連って、地元にはないじゃないの?どうするの?

 

でも、もうあきらめたくない。必死で説得して、しっかりとした企業で一から働けるように真面目に就職活動をやり直すことを条件に、許してもらったんでした。

自動車関連企業⇒ファッション企業へ転職は可能なのか?

実際問題として、まったくジャンルの違うファッション関連の企業への転職はできるものなのか?そこから調べることにしました。ファッションの転職の本を買い、インターネットで検索していきます。ちなみにファッションはアパレル関連で検索したほうがいっぱい情報がありました。

 

その情報から、ファッション関連の企業の中でもさまざまな仕事があり、前職がなんであれ、転職自体は不可能ではないことがわかり。あとは、どんな仕事に就くのかをリサーチしていき、本格的な転職活動に突入です。