ファッション企業企画職への転職活動を支えてくれたのは

実際に転職活動を始めるまでは東京に住んでいないのに、東京のファッション関連企業の仕事を探す。しかも未経験で企画の仕事なんて…そんなことができるのかなと不安に思っていました。

 

でも、今は本当に便利な世の中で、インターネット上でさまざまな情報が見つかるもの。そんな中出会ったアパレル専門の転職サイトは心強かった!無理と思われていた私の、異業種からのアパレルへの転職。

 

これを、根気よく支えてくれるのは他ならぬ、転職サイトの担当者さんなのです。未経験からできる仕事を、そして好みのブランドの仕事を…という私のわがまま(?)にも、気持ちよくかかわってくれました。

 

長い時間を掛けて、諦めなければ希望の仕事は必ず見つかるのだということが、救いでした。

 

ファッション関連の仕事に就くために、身に着けておくべき能力はいくつかあり、どれにも共通するなぁと感じたのは…

 

  • コミュニケーション能力
  • 直接お客様と触れる販売だけに必要な能力じゃないみたい。仕事を円滑に進めるためには、同じ職場の人との連携が不可欠。コミュニケーションをしっかり取れるかどうかはかなり重要。デザイナー、パタンナー、企画、営業では本当に必須。

  • プレゼンテーション能力
  • 自社の洋服をどうアピールするか、とか、良い企画をどのように通していくのか?とか。プレゼンテーションをしっかりできることは大切な能力でした。

  • 明るさ、前向きな情熱
  • 華やかなファッション業界。まじめで一生懸命なのはもちろん、明るい雰囲気で職場に存在できることも必要不可欠だと感じました。そして情熱です。

  • パソコンを自由に操れる能力
  • パソコンは事務だけのものではないのです。デザイナーもパタンナーも、販売員も企画職も営業職も、生産管理も全ての職種でパソコンは必ず登場します。触ったことないし…という人は今はあまりいないかもしれないけど、パソコンに抵抗がないこと。必要な書類をコツコツと作れる能力はあった方がよいと感じました。

  • ファッションが大好き!という気持ち
  • これは、もう!ぜったいです。ファッション関連の企業に勤めるということは多くのファッションや流行に触れるということ。どこの職種であってもファッションが好きで、より良いものを提供したい!という気持ちが無くってはダメなのだと思います。

 

長い転職活動で、学んだことも取り入れて、奥行きのあるアパレル企画職として頑張りたいなーと思ってます!!
ありがとうございました。